2018年12月24日月曜日

Studio Oneオートメーションが表示されない。。。 何とか対処法発見

僕の環境だけでしょうか?

Studio One 4でボリュームオートメーションや
パンオートメーションが、今までのやり方で開かなくなりました。

かろうじて、ボリュームオートメーションは下記の方法で
開くことができました。

バグでしょうか??


通常はここを左クリックすると
オートメーションが開く



今は開かないので、別の方法で試してみる。
ボリュームのあたりを右クリックする。



そうすると、なんとオートメーションの選択画面が表示される。
そこで、オートメーション”ボリューム”を編集を選択する。



なんとオートメーションの線が音源の部分に重なって表示されます。



この状態で、再度いつものエンベローブを展開する場所をクリックする



なんだかわからないのですが、ボリュームのオートメーションだけが展開されます。



この状態になると、ボリュームのオートメーションも
編集できるようになります。


バグであれば、早く治してほしいなぁー
と思いました。

最後まで見てくださり
ありがとうございました。

Studio Oneでドロップ前の音をなくす方法

EDM等の楽曲を作るとき、
ドロップはその曲の一番の見せ場です。

その見せ場に行くために下記の方法をよく使います。
・スネアやクラップの刻みを細かくしていく
・音源の音をだんだん大きくしていく
・リバースシンバル等のリバース音源を使う
・ピッチ(音程)をあげていく

上記を使う以外にも、ドロップ前にあえて
音を無くすという方法もよくとられます。

ただ、音をなくそうとしても、
使っている音源自体にリバーブやディレイが効いていると
残響音が残ってしまいます。

そこで今回は残響音も含めて音を切る方法を解説します。


早速、方法を解説します。

MIDIエディターの下にベロシティがデフォルトで表示されています。
このベロシティでは時間による音の変化をつけることができません。

このMIDIエディターの下に表示されているパラメータは
あくまでもデフォルトで設定なので
色々なパラメータを追加していくことができます。


ベロシティの左側の「...」を左クリックします。


そうするとオートメーションのエディターが開きます。
今回は音量を変化させたいので、Master Gainをオートメーションとして
追加したいと思います。
右が設定できるパラメータです。右から左のパラメータに追加することで、
各パラメータのオートメーションをいじることができます。
Master Gainは下の方なので下の方にスクロールします。



Master Gainを選択して「追加」をクリックします



左のパラメータにMaster Gainが表示されました。
また、MIDIエディターの下の方のパラメータにも
今までなかった「Master Gain」が表示されました。



あとは、音を切りたいところでボリュームを「-∞db」にすればOKです。



音を切る以外にも、徐々にボリュームを落としたり
上げたりと変化をつけることも可能です。




音を切る場合などはマウスで簡単に動かすことができますが、
0.1db単位で変化させるにはマウスでは大変です。
実は以前のブログの
Studio One センドへおくるボリュームオートメーションの出し方
の下の方に記載した「小技 オートメーションの音量等を微妙に変更する方法」が
こちらの場所でも利用可能です。

ボリュームを調整したい個所で右クリックします。


値が表示されたBoxが現れるので、
変更したい数値を入力します。


このように変更されます。



最後まで見てくださりありがとうございました。

2018年11月17日土曜日

Studio Oneでエフェクトのオートメーションを作る

Studio One以外のDAWではFilter等エフェクトのオートメーションの作り方がYoutubeなどの動画に上がっています。

Studio OneでもMai Tai等 音源のエフェクトオートメーションは比較的簡単に作れるのですが、ループ等の音素材はどうやるのかわかりませんでした。
しかし、いろいろ試し実現できましたので方法を共有します。

方法を伝える前に、どんなシーンで音素材にエフェクトのオートメーションを作るか記載します。

・サビ前に盛り上げるためにFilterを開けていく
 (例)低い音だけに制限していたものを高い音も鳴らすようにする。
・各音の最後だけリバーブを強めにかける
等々

方法の例としてサビ前 スネアの最後の音にリバーブを強めにかけることをやってみたいと思います。

以下手順です。



まずインサートにリバーブのエフェクトMixverbを追加します。



Mixverbを追加したトラックのオートメーションを展開します。


展開するとデフォルトのオートメーション「ボリューム」と「パン」が表示されます。
そのボリュームのあたりを右クリックします。


上記のようなBoxがあらわれ、そのうちの「追加/削除」を選択します。


ウィンドウがあらわれます。表示されたウィンドウ内 右側のインサートを展開します。


展開するとMixverbが表示され、Mixverbの各機能がパラメータとして
選択可能になることがわかります。


上記のようにMixverbと並べて表示するとすべての機能がオートメーションに追加できることがわかります。


今回はその中でもSizeとMixを選択します。(Ctrlキーを押しながら選択すると2つ同時に選択できます。)そのあと追加ボタンを押します。


左側にSizeとMixが表示され、オートメーションが追加されたことがわかります。


今回はサビ前にリバーブが深くかかるように、上記のように設定してみました。
より盛り上げるのを強調するために、ボリュームなどと一緒にオートメーションをかいてあげると効果的ですね。

以上、いかがでしたでしょうか?

リバーブだけでなくEQを設定することでFilterのオートメーションと
同じことができたりもします。

是非試してみてください!!

2018年11月3日土曜日

guide --feat 初音ミク--


クレオフーガで現在開催しているコンテスト
「めそ子ンテスト2018秋」用に曲を書きました。

クラスメソッド株式会社 様 の
二次元社員キャラクター用の歌になります。

女性ボーカルなので、
クレオフーガで大変お世話になっている
「えくぼのひみつさん」にボカロ作成をお願いしました。

曲を聴いていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


タイトル:guide

歌詞
1番
私 雲の中から 見つけたの あなたを
あなたは今 どちらの道を 進もうか 迷ってる
きっとそう 私には わかる

それは とても重要 選択が 大切
世界を飛び サーバにイン データを ゲットして
最適な 回答を 出すわ

こちらの方に 進んだ方が いいと思うわ
小鳥になって あなたの耳に そっとささやく

I am a guide
車の ナビより 優秀よ
I am a librarian
世界中の本 覚えたの
あなたの 助けになる
だから信じて 進んでね


2番
暗い 過去があるのね とてもよく わかるわ
それは重い 鉛となって 進むのを さえぎるの
秘密なら そのままで いいわ

でもね 同じ悩みが 糧となり 飛べたの
過去にもそう たくさんの人 同じ道 歩んだの
苦しさは 虹となる belive

過去の失敗 過去の成功 すべてを記憶
成功の道 そっとサポート ナビしてあげる

I am a gate
あなたの 未来を ひらくの
I am a database
ビッグデータを ラーニング
新たな知性になる
いつでも呼んで ささえるわ


もし道を 間違えても 大丈夫
ゴールへの道は いくつもあるわ
私 新しい道も作ることができるの
だから 安心して

I am a guide
車の ナビより 優秀よ
I am a librarian
世界中の本 覚えたの
あなたの 助けになる
だから信じて 進んでね


ここまで見てくださり
ありがとうございました!

2018年10月14日日曜日

涙の後(歌もの)

こちらのBlogを見てくださり
ありがとうございます。

久しぶりにPIXIV FANBOXではなく
クレオフーガにフルバージョンの曲を載せました。

王道のバラードに仕上げました。
自信をもってお届けしますので
聴いていただけると嬉しいです。

<ショートバージョン>

<フルバージョン>

タイトル:涙の後

歌詞

目を覚ました後 夢のかすかな記憶に
君の存在が 確か夢の中の君は
満面の笑みだった気がするよ
ただその笑顔の映像は
すりガラス越しに覗いたように
ぼやけて覚えていない

些細な言葉で君を傷つけ
距離をとってしまった二人
あの時の君の涙 忘れるわけにはいかない
だからもう一度 君に会って 伝えるんだ

Ah 守るよ (守るよ) 守るから
僕から 離れないで(離さず)
Ah つないで (つないで) 握るから
君の澄んだ瞳から落ちる
雫を笑顔にかえて見せるから


後悔はしても スマホの画面を見つめ
そこで手は止まる 指でメッセージを送り
君に謝ればいい それなのに
ただ思いだけが先走る 頭の中では送る文字
すべて決まっているのに

たった一言で すれ違っても
距離を埋める言葉は重い
震えた声で発した 君の言葉を噛みしめる
ちゃんと言葉で 君に気持ち 伝えるんだ

Ah ごめんね (ごめんね) 謝るよ
もう二度と 泣かせないよ (信じて)
Ah 好きだよ (好きだよ) 好きだから
僕のそばで ずっと幸せ そうな笑顔に 包んで見せるから



お聴きくださりありがとうございました。

2018年9月24日月曜日

dubstep dropの練習

またまたdubstepのdropの練習をしました。

全てStudio Oneにある音源だけです。
MASSIVE等も使っていません!

ご視聴いただけると嬉しいです。



クレオフーガにも音源のみをアップしました。

2018年9月22日土曜日

Vocal Chopの作り方(Studio OneのSampleOneを使用)

Studio One 4 ProfessionalもしくはStudio One 4 Artistに付属の
サンプラーソフト SampleOneを使った
Vocal Chopの作り方をアップします。

作り方は下記の動画をご確認ください。




簡単に手順を書くと下記のとおりです。
音声ファイルを用意します。
用意した音声ファイルをフレーズごとに区切ります。
区切った音声をSampleOneにドラッグ&ドロップします。
SampleOne上でフレーズのひとつひとつに音階の範囲を割り当てます。
あとはSampleOneのMIDIノートでメロディーを作るだけです!

こちらでは画像が小さかったので、
Youtubeにも動画をアップしました!

是非試してみてくださいね。

2018年9月17日月曜日

Go to the sea (electro popな楽曲)

こちらのページを見てくださり
ありがとうございます。

久しぶりにクレオフーガに楽曲をアップしました。
electro popな曲に仕上がりました。
Vocal chopを取り入れ、若干未来っぽい要素も取り入れました。

お聴きいただけると嬉しいです(^^♪

短いバージョン

フルバージョンはこちらからお聴きいただけます。


ご視聴くださりありがとうございました。

dub stepのDropの練習


DubstepのDropの練習用に曲を作りました。

音源としてMASSIVEは持っているのですが、
Studio One 4でどこまでできるか試したくて
Studio Oneにある音源だけで作成しました。
2番目のワブルベースは、Studio One内にある音素材を使いました。
あとは、すでにある音源や、Mai Taiをいじって作っています。
ご視聴いただけると嬉しいです(^^)/


2018年8月26日日曜日

戦いの日々


戦いの日々という
現代に生きるすべての人へ贈る曲を作成しました。
CM動画はこちらです。


フルコーラスはPIXIV FANBOXにアップしております。
ご支援いただいた方限定にフルコーラスがご覧いただけます。
この機会にご支援いただけると嬉しいです。

PIXIV FANBOXはこちらから
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/17991858

どうぞよろしくお願いいたします。

2018年8月8日水曜日

音楽SNSアプリ-nana- The Middleのオケを作ってみた

最近 音楽SNSアプリ-nana-にはまっています。

好きな曲を気軽にちょこっと歌うのが、楽しいです。

メジャーな方の曲を歌わせていただいているのですが、
オケをカバーすることにも挑戦してみました。

だいぶ原曲からは離れてしまったのですが、
ZeddさんのThe Middleのオケを作りました。

nanaのアプリは90秒というとても手軽に歌える時間設定なので、
コラボしていただけると嬉しいです。
(よく考えられた時間設定だと思います。)

The Middle Zedd

是非聞いてみてくださいね。
今後もnanaで歌った曲などをこちらのblogでも
ご紹介する予定です。


2018年8月4日土曜日

横浜ブレイブバー Live音源(2018/07/28) ~リリックヲフ~

リリックヲフという企画ライブに呼んでいただき、
歌わせていただきました。

場所は横浜ブレイブバーです。


このリリックヲフという企画、最低1曲は歌わずに詞を朗読するという
初めて試みる企画でした。

主催の方が、僕の歌詞を評価してくださり、呼んでいただきました。

普段歌っていると音に合わせてスムーズに歌詞を伝えられるのですが、
歌詞を歌わずに感情を込めて話すことの難しさがとても勉強になりました。

また、歌い方について新たな発見を得ることができました。

セットリスト
1.Brain Connect
2.桜舞う季節
3.君ヲ想イ桜ニ泣ク(朗読)
4.メモリー
5.prayer
6.Don't stop this love

35分ととても長いのでお時間のある時にでも聴いていただけると嬉しいです。


3曲目の君ヲ想イ桜ニ泣クをオケだけ流して詞を朗読させていただきました。

君ヲ想イ桜ニ泣クの歌が入ったものはこちら:


2018年7月15日日曜日

新橋ロジカフェ ライブ

新橋ロジカフェというところで
ライブをさせていただきました。

全部で6曲歌わせていただきました。
皆さん実力派ばかりで肩身は狭かったですが、
こんな素敵な空間を一緒に過ごすことができて幸せでした。

セットリスト
1 Don't stop this love

2 Be Alive

3 メモリー

4 Prayer
BlogのURL

5 Brain connect
BlogのURL

6 ビー玉



実際のライブ音源はこちら



2018年7月8日日曜日

Gothic

暑い夏 皆様いかがお過ごしでしょうか?

少し涼しくなってみませんか。

下の音楽を聴く場合は心して開けてください。

それではそっと、そっと扉を開きます。



2018年5月26日土曜日

PIXIV FANBOXに新曲アップ

こちらのBlogを見てくださり
ありがとうございます。

PIXIV FANBOXに新曲をアップしました。
「陰と陽」という曲です。

PIXIV FANBOXはこちらです。

ご支援くださる方にいち早くお届けします。

CM動画はこちらです。



気になった方はご支援いただけると嬉しいです!

2018年5月25日金曜日

GSnapを使ったMIDI Inputからのピッチ補正(Studio One)(ロボットボイス)


前回の記事で、GSnapというフリーのソフトを用いてピッチ補正する
方法をご紹介しました。

前回の記事では、キーとスケール音からピッチ補正をする方法を
ご紹介しましたが、スケール音に無い音や転調するメロディーでは
対応できません。

そこで、音程を打ち込んだMIDIデータからメロディー音を判断し
ピッチ補正させる方法を今回はご紹介します。

まず、GSnapをエフェクトとして適用させる場合は
前回の記事をご参照ください。

前回の記事

ピッチ補正が必要なトラックにGSnapを加え、
下記のGSnapの画面を立ち上げます。


SubtleからMIDI Funに切り替えます。











補正音が打ち込んであるMIDIトラックの下記の部分(▼)を選択します。







補正が必要なトラックdでGSnapを選択します。
(複数のGSnapがある場合は番号が割り振られるので、
 該当の番号を選択してください。)





選択すると下記のように表示されます



設定はこれで完了です。


補正されている状況は下記のように確認します。

音声ファイルのトラック(ミキサー)のGSnapを編集します。













再生を押すと、下記のようにMIDIの打ち込み音が
ピアノのキーボード上で緑に表示されます。







GSnapでピッチが補正されて再生されているとき、
読み込んでいるMIDIトラックは下記のようにピアノマークがオレンジに光ります。


最後まで見てくださりありがとうございます。

是非試してみてください。

2018年5月23日水曜日

Studio Oneでフリーのピッチ補正ソフト(GSnap)を使ってみる(ロボットボイス)

Studio Oneでフリーのピッチ補正ソフト(GSnap)を使用する方法を紹介します。

まず、ピッチ補正ソフトはフリーなのですが、
ソフトをStudio Oneで読み込ませるためには、
VSTプラグインを読み込める状況になっていないとダメです。←ここが肝

実は、VSTプラグインを読み込ませるには、
FreeのStudio Oneソフトではだめで、
Studio One  Professionalか、Artist用アドオンが必要です。

Studio One Primeもしくは、Studio One Artist単体では動作しないので
注意が必要です。

ピッチ補正ソフトは「GSnap」を使用します。
「KeroVee」を64bit版のStudio OneでVSTを読み込ませようとしたら
うまくいきませんでした。。。

GSnapはこちらからダウンロードできます → GSnap

ダウンロードし、展開した「GSnap.dll」を
VSTプラグインを読み込むフォルダに保存します。
デフォルトでは「C:\Program Files\Vstplugins」に保存します。


Studio Oneを起動してGSnapを読み込めたら
ピッチ補正したい音声ファイルのエフェクトにGSnapを追加します。


該当音源の「インサート」→「+」を選択しエフェクトを選択します。
エフェクトの中から「GSnap」を選択します。


「GSnap」の画面が表示されたら、右上の「Subtle」から「Share the Pain」に
変更します
※好みにもよりますが、「Share the Pain」の方がピッチ補正のかかり具合が強く
 ロボットボイスっぽくなります。
 「Subtle」の方がやわらかいピッチ補正になります。






「Share the Pain」を選択すると左側にチェックが入ります。



次に、よりボーカルエフェクトをそれっぽく聞かせるために、
曲のキーとスケールを選択します。
まず「SELECT A SCALE」を選択します。



「Select Key and Scale」のボックスが表示されるので、
 左側でキーを右側でスケールを選択します。



キーを選択している画面


スケールを選択している画面



最後に「OK」を押します。


選択したキー(スケール)の音以外が「×」になっていることがわかります。


実際に、音源を再生すると、緑の線のようにピッチが補正されていることがわかります。


キーとスケールを選択すれば、これだけで強力なピッチ補正ができるのですが、
別途打ち込んだMIDIノートに合わせてピッチを補正することもできます。

MIDIノートに合わせることで、スケールにない音や、
転調などにも対応することができます。

次回、GSnapを使ったMIDI Inputからのピッチ補正を紹介します。

MIDI Inputからのピッチ補正方法はこちらです。