2019年4月30日火曜日

Sunny day(ホロライブ×クレオフーガ オリジナルBGM募集コンテスト用楽曲)

ホロライブ×クレオフーガ オリジナルBGM募集コンテスト用の楽曲を
アップしました。

毎度のごとくエレクトロな中に
陽だまりを感じられる楽曲になったと思います。






お聴きいただけると嬉しいです。


2019年4月7日日曜日

春風

ボーカルサンプリングを購入し、作った曲です。

サビのボイスチョップは自分で加工しました。

Future Bassの要素やTropical houseの要素を組み入れてみましたが
日本の春っぽい曲になりました。




お聴きいただけると嬉しいです。
フルバージョンはこちらから



2019年4月6日土曜日

Interstellar travel


少し前に作って音楽SNSサイト(CREOFUGA)にアップしていた楽曲です。

EDMをイメージして作っていたのですが、
YMOっぽくなりました。
(YMOはあまり聞いたことがないのですが。。。)




近未来観を感じられる作品です。
良ければお聴きいただけると嬉しいです。



インストですので歌詞はありません。

2019年4月5日金曜日

インサートしたエフェクトにオートメーションをかける

よくドロップ(サビ)部分の手前でだんだん音が「サー」ってなっていき
盛り上がる様子を聴いたことありませんか?

Studio Oneでその方法を解説します。
Studio Oneのバージョンが変わると、若干方法が変わるのでご注意ください。

図の赤枠部分を右クリックします。

そうすると、下記のようなボックスが現れます。
そこで、オートメーション”ボリューム”を編集を選択します。


現れたボリュームの右側「▼」をクリック

下記のようなボックスが現れるので、追加/削除を選択

オートメーションのWindowが表示されるので、パラメータの下の方
オーディオから展開していきます。




インサートしたPro EQが現れるので、さらに展開していきLow CutのLC-Frequencyを選択し追加します。


そうすると、オートメーションWindowの左側に表示されます。
さらに音源の部分にも追加したLC-Frequencyが表示されます。

あとはオートメーションを変化させていきます。

今回はEQのLow Cut(低音部分のカット)をだんだんと高音部分に持っていくので
下記のようにすると良いと思います。



出来上がると下記の動画のようにだんだんとEQが変化するのがわかります。


EQを変化させた以外の音源も含まれますが、
音がつくと下記のようになります。