2015年3月9日月曜日

20150308 桜舞う季節

新曲です。



入学シーズン、卒業シーズン

それぞれ出会いと別れに位置する 日本の桜の様子を曲にしてみました。



フルコーラスで少し長いのですが、お聴きいただけると幸いです。



<歌詞>

昨年の 入学式 君の 姿見つけ

走る 風に合わせ  心にも風が巻き上がる



グランドに  植わる桜  ピンクの花びらが

ヒラと  宙に浮かぶ  いつか見た  淡い春景色



薄くかすんでく  羽衣を  つけて 飛び立つ 天女(てんにょ)

降りては飛び立つ  つむじ風  時を 忘れる



ふわり  桜花弁 まとう  君の  姿 みてた

しゅるり  この世界 とまり  火花散り  恋心抱く

僕の 高校は これで  全て  歯車 まわる

カチリ と音 かみ合って  仕組まれた  運命の糸





放課後は 校舎の窓  君の  姿見とれ

陸上競技しない  僕だけど ずっと眺めてる

軽音で 曲を作り  君をモチーフにし

いつも 桜よぎる  次は来ない  君は卒業す



淡く消えてゆく 思い出を  つないで留め行く 桜

必死で紡いだこの曲で  心にとめる





今年 桜花弁 ヒラり  君の 姿 いない

とろり  うたかたの 夢か  花紛れ  君の 残像が

僕は  ここでまた 見てる  校舎の窓 通し

君との距離 遠し  君想い 桜見下ろす




0 件のコメント:

コメントを投稿